「富永健一」おすすめ作品一覧

「富永健一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 社会学講義 人と社会の学
    富永健一 社会学講義

    新書なのに教科書らしい教科書。変な導入など無しに本論からダイレクトに入るあたり、有斐閣から出ている大学向けの教科書よりよっぽど教科書らしい書きっぷりをしているんでなかろうか。また、幅広い分野の話を1人で書けてしまう学識の広さに部外者だけれども脱帽もの。

    この本で印象的だった...続きを読む
  • 社会変動の中の福祉国家 家族の失敗と国家の新しい機能
    手軽な新書感覚では読めません。ある程度の予備知識は必要だと思います。反対にこの本を読んでから、気になるところを調べなおすのも1つの手かもしれません。エスピンーアンデルセンの福祉国家レジームに属さない日本の特徴から、日本の方向性を示しているところがポイント。市場で福祉がうまくいかない点もよく理解できま...続きを読む
  • 社会学講義 人と社会の学
    新書ながら基本をカバーした教科書になっている。

    【目次】
    第1章 社会の学としての社会学
    第2章 理論社会学
    第3章 領域社会学と経験社会学
    第4章 社会学史の主要な流れ
  • 社会学講義 人と社会の学
    社会学系の学部を卒業しましたが、在学中はよくわからない学問だなあとずっと思っていました。社会人になって本書を読んでみて、社会学って面白いなあと初めて思いました。本書は社会学の基礎概念などをわかりやすく解説していますよね。社会学が他の学問領域に出張していくのが「領域社会学」ですなどと。
    経験社会学と社...続きを読む
  • 社会学講義 人と社会の学
    社会学のていねいで手堅い入門書。

    著者は、社会学をあくまで実証的研究として捉える立場から、社会構造とその変動についての一般理論を解明する理論社会学を位置づけている。また、個別的な領域についての社会学的探求の実例として、家族社会学・農村社会学・都市社会学・産業社会学、さらに経済社会学の諸成果について...続きを読む