「勇嶺薫」おすすめ作品一覧

「勇嶺薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/15更新

ユーザーレビュー

  • 赤い夢の迷宮
    児童向けの推理小説を書いてきたはやみねかおるさんが、大人向けに書いた小説です。

    この作品は、主人公たちの小学生時代の思い出から書かれていて、自分も小学生の頃に戻った気持ちで読むことができました。やっぱりはやみねかおるさんの小説は、ドキドキ、ワクワクして、本を読む楽しさを思い出させてくれます。はやみ...続きを読む
  • 赤い夢の迷宮
    夢水清志朗シリーズでおなじみのはやみねかおるさんが勇嶺薫名義で書いた本格派ミステリー。まず、人がばったばったと何人も簡単に死ぬので、「人が死なないミステリー」を児童向けに書いてたはやみねかおるさんの作品とは全く違うと感じた。文体はあまり変わらないだけに、余計にストーリーの怖さを感じる。ラストシーンで...続きを読む
  • 赤い夢の迷宮
    作者の勇嶺薫さん。「はやみねかおる」の名前で児童書を数多く執筆されている方だが今回この著書を初めて大人向けに書かれた。はじめの書き出しも児童書を読んでいるときのような読んでいて大変イメージできる描写で書かれていたが物語が進んで子どもの頃の本を読んで後が気になってどんどん読んでしまう感じがよく出ていた...続きを読む
  • 赤い夢の迷宮
    ずっと昔に読んだのを久々に引っ張り出しました。オチは覚えていたのですけど案外あまり覚えてない箇所が多くて新鮮で、前よりもぞくっとする事が多かったと思います。
  • 赤い夢の迷宮
    殺人鬼の話。殺人はクセになるという定義の元話は進む。
    はやみねかおるさんが大人向けの小説を書くにあたって勇嶺薫という名で出版した小説。児童小説を専門にしている元学校の先生なのだからと思っていたが、怖かった。
    精神異常者も出てきて収集がつかなくなっていてそこだけが残念。精神異常者を出してしまうとすべて...続きを読む