カズキヨネの一覧

「カズキヨネ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:カズキヨネ(カズキヨネ)
  • 生年月日:10月18日
  • 職業:イラストレーター、原画家

公式Twitter

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/21更新

ユーザーレビュー

  • 陰陽師と天狗眼 ―冬山の隠れ鬼―
    シリーズ2巻目。1巻より先に読んでもきっと大丈夫。
    情景を想像しやすいリアルな日常描写と地続きで出現してくる怪異に、体が害され心が引きずられる、侵されていく怖ろしさが味わえました。

    登場人物達の内面描写が丁寧で、行動に対し「何でこんな事やってしまうの!?」と憤りストレスを感じることが無いのも、読み...続きを読む
  • 陰陽師と天狗眼 ―巴市役所もののけトラブル係―
    春、新社会人の主人公が同業者な大家に拾われ、帰る場所を確保する秋までのお話。
    職場の先輩にどう頼って良いのか判断出来なかった新人が事情を一人で抱え込み手痛い失敗をするエピソードなど、共感をもって読むうちに作中世界へより深く嵌まります。
    深く嵌まり主人公達の家の壁あたりに同化した気持ちで読み進めると、...続きを読む
  • 陰陽師と天狗眼 ―冬山の隠れ鬼―
    今回本当に面白かった!
    特自災の案件としての「神隠し未遂」と、主人公・美郷の捨ててきた実家で起きた家出事件、山と神社に纏わる言い伝えや禁忌が交差し、一見すると関連性のないように思えるそれらが、実は繋がっているのだとわかる構成が最高にドキドキする。
    1巻で己の姿を晒せる相手に出会えた美郷と、他者との繋...続きを読む
  • 犯罪社会学者・椥辻霖雨の憂鬱2 十年の孤独
     読んでいる最中、椥辻霖雨が先生なら、あるいは社会学が楽しく感じれたのかもしれない、と何度も思った。
     犯罪社会学を専門とする大学準教授の椥辻霖雨の講義場面から始まる各章に、退屈さは微塵もない。
    このシリーズが好きで自ら読んでいるから、という贔屓抜きにしても引きこまれる要素がある。
     今作は罪を犯す...続きを読む
  • 陰陽師と天狗眼 ―巴市役所もののけトラブル係―
    異能を持っている青年たちが、それでも自分たちの居場所で日々を一生懸命生きていく。
    なんというか、手触りの生々しいファンタジー。
    あと白太さんが可愛い。ほんとうに可愛い

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!