「自由酒場倶楽部」おすすめ作品一覧

「自由酒場倶楽部」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/10/07更新

ユーザーレビュー

  • 酒場を愉しむ作法
    吉田類さん監修、自由酒場倶楽部:著
    酒場を愉しむ手引書かも。
    「吉田類の酒場放浪記」でも感じるけれど、
    お酒を愉しく、適量を飲み、美味しい肴を頂くことで、元気をもらえる気がします。

    あとがきにもありましたが、
    <総じて酒場の愉しみ方の基本は「ツウぶらないこと」だ。>
    納得です。
    初めてのお店では、...続きを読む
  • 酒場を愉しむ作法
    自分のやっていることはデジタルなことが非常に多いけれど、もし許されるのであれば、この本を片手に酒場を放浪して、カウンターの隅っこで酒をちびちび飲みなら読んでみたい、ということを思わせる本でした。

    僕がこの人の本を読むようになったのはテレビ番組が書籍化された『酒場放浪記』を手にとって読んでからなので...続きを読む
  • 酒場を愉しむ作法
    吉田類さんの「酒場を愉しむ作法」(2010.9)、再読です。雪見酒、花見酒、月見酒、日本人ならではですね(^-^)そして、横丁の一杯飲み屋のあたたかさ、有難いです! 永井荷風(1879~1959)の人生に三楽あり。「一に読書、二に好色、三に飲酒」二は経験ありませんがw、一と三は大いにうなずけます(^...続きを読む
  • 酒場を愉しむ作法
    【立ち飲みロマン】
    リアル本屋で別の本を探していたら、「吉田類」の文字を見つけて思わず購入しました。
    平積みだったので、新刊と思いきや1年以上前に発売された本でした。(←この本屋の店長は酒好きか?)
    大衆居酒屋が情緒豊かで、愉しめるところとして描かれています。すばらしいです。

    私自身がよく行く、赤...続きを読む
  • 酒場を愉しむ作法
    酒場放浪記の吉田類監修による新書。一人酒の愉しみ方を教示してくれる1冊。1人で飲むときの作法が身に付く。各地のオススメ酒場も紹介。