「向山信治」おすすめ作品一覧

「向山信治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:向山信治(ムコウヤマシンジ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

京都大学大学院博士課程終了。『宇宙の扉をノックする』(リサ・ランドール)、『ワープする宇宙―5次元宇宙の謎を解く』(リサ・ランドール)などの翻訳を手がける。専門は初期宇宙論、重力理論の理学博士。

作品一覧

2016/03/30更新

ユーザーレビュー

  • ダークマターと恐竜絶滅 新理論で宇宙の謎に迫る
    第1部”宇宙ができあがるまで”では、ダークマターの総量が宇宙マイクロ波背景放射に影響を及ぼすこと、ある程度の広さの領域が収縮すると、ダークマターがほぼ球状のハローと呼ばれる領域を形成し、その内部で通常の物質のガスが冷えて中心部に凝集し、星になったこと、第2部”活発な太陽系”では小惑星と彗星にはどちら...続きを読む
  • 宇宙の扉をノックする
    i believe that it has other world and another dimention. from zero to infinity. from proton on the Earth to cosmic end. Knocking on Heavens Door. she...続きを読む
  • 宇宙の扉をノックする
    科学とは、科学的思考とはどういうものか、そしてその結果得られている最新の知識はどのようなものなのか、がこの本のテーマだ。
    第一部・第二部では、科学者の考える「科学とは」「科学的思考法とは」が語られている。「スケール」が重要。『宇宙が始まる前には何があったのか』でもそうだったが、宗教との対比が多い。ア...続きを読む
  • ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く
    物理化学者の理論構築(哲学的ですらある!)をわかりやすくたどることが出来ました。
    照会されている理論の内容自体も面白かったけれど、開設の仕方も大変魅力的な一冊です。
    また、読み返したいです。
  • ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く
    うーん・・・、そもそも次元とは何か?
    謎は解けていないなあ。
    LHCが稼動している今、著者の最新書の翻訳本があれば、ぜひ読みたい。

特集