「箕田源二郎」おすすめ作品一覧

「箕田源二郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/27更新

ユーザーレビュー

  • 算法少女
    冲方丁さんの『天地明察』を読んで以来、なんとなく和算に関する本に目がいくようになりました。
    本書も以前から読んでみたくて購入していたのですが、しばらく積読本の山に埋もれていました。

    江戸時代の和算書『算法少女』に影響を受けた著者が、当時の史実をもとに創作した児童文学です。
    1973年に岩崎書店から...続きを読む
  • 算法少女
    書名の『算法少女』というのは、江戸時代・安永4年(1775年)に千葉あきという女性が著した和算の本の書名。この本は、その千葉あきの少女時代の物語。

    あきは江戸時代の町医者の娘。算法好きの父の薫陶よろしきを得て、なかなかの算法使い。母からは、算法などという役に立たないものを女だてらに学ぶことを反対さ...続きを読む
  • 算法少女
    面白かった!

    『算法少女』は、実際に江戸時代(安永4年:1775年)に出版された算法の本の題名。長い間、この本の著者が誰なのかは分からなかったが、昭和初期の研究で、作者は千葉桃三という医師らしいこと、そして娘のあきが父を手伝ったのではないかということが分かってくる。それでも、なお多くの部分が謎とし...続きを読む
  • 算法少女
    数学は“生活に余裕がある人の娯楽”とされ、実生活に必要なものとは考えられていなかった時代。主人公は算法は何かもっと大事なものだと感じながら、町の貧しい子供たちに学問を教えるようになる。そして算法を通じて色々な人と接する中で、これから日本が伸びていくためには学んでいくことが必要だと考えるようになる。
    ...続きを読む
  • 算法少女
    ほのぼのする本。
    ファンの支えがあっての復刻、心にしみました。
    広い視野を持って、と優しく背中を押してくれます。

特集