肥谷圭介の一覧

「肥谷圭介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:肥谷圭介(ヒヤケイスケ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:マンガ家

『ギャングース』を手がける。

作品一覧

2019/06/12更新

ユーザーレビュー

  • ギャングース(1)

    今苦しんでいる若者にこそ

    主人公たちはその日暮らしもままならない状況から犯罪に手を染め少年院に入った前歴持ちの若者。
    彼らは犯罪グループの利益を横から浚うことでなんとか糊口をしのぐという毎日を送っています。
    奪った金も道具代情報代にほとんどが消えていき、貧困から抜け出すことはかないません。
    この漫画はそうした彼らのタタ...続きを読む
  • ギャングース(16)
    自分の為では無く、自分の次の世代のために闘った男のお話し。
    貧困は選択肢を限りなく少なくするのがよくわかる。
    そして政治家には全く関係ないお話しって事でもある。
    最近は、シングルマザーや母子家庭でも政治家になる人もいるけれど大きな事をやるためには金と味方が限りなく必要だ。綺麗事だけでは世の中変わらな...続きを読む
  • ギャングース(2)

    感想 ギャングース

    面白い。迫力満点。ストーリーも時事性が強く、さらに、全てのキャラがイイ。
    今迄のヤンキー漫画、ヤクザ漫画とは大きく違う。
    作者の取材力に脱帽する出来栄えだ。
    ワルの中にも一筋の人間性(良心)が感じられほっとするところも良い。
    もっと、もっとメジャーになってほしい漫画です。
  • ギャングース(7)
    これまた気持ち良くまとめてくれましたね。
    カタギ・ヤクザ・道具屋・チャイマ・タタキ屋、
    すべての立場の人間が無理のないそれぞれの正義をかざして丸く収めてしまうところはすごくかっこよかった。
    圧巻。
    気持ちのいいものを見させてもらいました。
  • ギャングース(1)
    家も金も住民票すらない少年達が犯罪で生活をする。
    知らない裏用語が飛び交う。
    ヤクザと犯罪営利集団の違いやその相関など、アウトロー事情をちょっと知ることができる。
    アウトローに属する少年三人組の過去が気になる。
    また『家のない少年たち』も読んでみたい。
    かわいそうなどと言ってられない現実。

特集