「水越真麻」おすすめ作品一覧

「水越真麻」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 宝石の筏で妖精国を旅した少女
    とにかく、素晴らしいイマジネーションで描写される不思議な妖精国の様子が秀逸で、お気に入りです。辛い冒険を、それでも勇敢に乗り越えていくセプテンバーが、とにかく愛おしいです。想像以上にあたたかく、想像力を掻き立てられる一冊で、そういう意味でも、この妖精国、あるいはこの本には、本当に妖精が宿っているので...続きを読む
  • 宝石の筏で妖精国を旅した少女
    『不思議の国のアリス』のような古典的名作を思わせる、でも古くはない、新しいファンタジーを感じた。

    登場するキャラクターが非常に魅力的。
  • 影の妖精国で宴をひらいた少女
    1作目でこの独特なリズムというか感じをつかめたので、前より身を入れて読めた。
    それでも分かりにくい言い回しは健在。思うに、分かってもらうことを前提とはしていないんじゃないか。なんというか・・・極端な言い方だけど、文章の「雰囲気」でも読める気がしてきた。
    主人公の少女セプテンバーは前作から1年経ったと...続きを読む
  • アルファ/オメガ
    アルファ/オメガというのを聞くと、腐的にはオメガバースを想像してしまったのだが、なんかそういうのとは全然別物のえらいシビアできっつい設定だった。
    よくわからないままに終わったので、続きが気になる。っつか、お前はそこで死ぬんかいw というのが一番大きかった。
  • アルファ/オメガ
    ディストピア小説。
    「爆発」のあと人類は必ず双子でうまれ、片方は
    「正常」、もう一人は「異常」、そして片方が死ねばもう片方も死ぬという世界。「異常」である片方には時に未来予知能力を持つ場合もある。
    「正常」な片方が「きょうだい」に煩わされず生活できる施策を取り始める中、「異常」なきょうだいは追い詰め...続きを読む