木村孝の一覧

「木村孝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/09更新

ユーザーレビュー

  • 和の彩りにみる 色の名の物語
    色によって励まされたり、光線によって色が変わったり、美しい色に合うと、喜びいっぱいになる。すみれ色、桔梗色、藤色、杜若色、紫、見事な構成で、本自体が美しい。名前をつけると、急に彩りを輝かせるかや素敵。
  • 和の彩りにみる 色の名の物語
    和の色と和装がテーマ。右頁に美しい和装の写真、左頁にテーマの色とその近縁色の解説となっている。テーマの色にちなんだ和歌や著者の昔語り、そして著者の専門である和装や染め色に関する話などを交えて和の色に親しませてくれる。最近の若い人は〜がわからないらしいという物言いが目立つが、この本を書いたときに著者は...続きを読む
  • きもの文様図鑑
    着物の文様と軽い意味がわかればいいな〜と思い読みました。
    植物、動物などの分類とちょっとした説明、その他着物関連の知識が載っています。
    比較的わかりやすいです。
  • 和の彩りにみる 色の名の物語
    著者は染織研究家、随筆家。
    色を赤・緑・青・紫・茶・鼠の6つに大別した上で、各グループで7~8つの色を見開きで取り上げ、右頁に服飾の写真を、左頁に色名の由来や染織法、近似色などについての解説を配する。

    構成が美しく、色を体現したような和の服飾の写真が印象に残る。文体はたおやかで、話題は東洋・西洋・...続きを読む
  • 美しい着物、美しい人  伝えておきたい嗜みごと
    千總さんのお着物と川島織物の帯の美しさに感嘆。

    お着物に関する知識がつくのは勿論、垢抜けていて上質な木村先生のセンスに触れることの出来る本。
    粋さというよりは豪華さ。
    でも色彩がとても素晴らしく、品があります。