「柴田エリー」おすすめ作品一覧

「柴田エリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/05更新

ユーザーレビュー

  • 心が折れそうなときキミを救う言葉
    偉人・賢人とよばれる人でも苦労しており、だれにでもチャンスはある ということをあらためて再発見できる本。 受験で失敗した君、会社でうまくいっていないあなた。 失敗したらめげるけど、あなたの価値は全て否定されたわけではない。 人は何度でも立ち上がれるんです。その立ち上がったときあなたは以前の あなたを...続きを読む
  • 心が折れそうなときキミを救う言葉
    目次だけでも名言集って感じです。
    ひすいこたろうさんの作品ですから、中には笑える部分もあり、楽しく読めました。
  • 心が折れそうなときキミを救う言葉
    多くの著名人または無名の人のエピソード記録。
    それぞれ4〜8ページ程度に短くまとめられており、気軽に読める。

    著名人の意外な一面にふれられる。
  • 絶望は神さまからの贈りもの [電子版特設 ビジュアル目次つき]
    著者の2冊目の本が、面白かったので1冊目の本を読んでみた。個人的には、知っている話も多く、二冊目の方が面白かった。しかし読んで損はない本だと思う。最後の著者自身の言葉、今の自分の絶望は将来誰かの希望となる。これが、本全体に流れているテーマのようだ。今の自分の体験も、そうありたいものだ。
  • 絶望は神さまからの贈りもの [電子版特設 ビジュアル目次つき]
    色んな有名人の人生を紹介している。いわゆる成功者も成功前の無名の時期にはまさかと思われる様な逆境を経験しているものみたい。こんな苦労話があったんだと感心させられた。但し、かなり数多くの人を次々紹介していて、あっさりすぎないかの感もある。印象深かったのは、尾田栄一郎、ビートルズ、タモリ、チャップリンの...続きを読む