「平野貞夫」おすすめ作品一覧

「平野貞夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/14更新

ユーザーレビュー

  • 昭和天皇の「極秘指令」
    この本を読み終わって果たしてどのくらい日本のことを本当に考えて行動している政治家がどのくらいいるのか、とさみしくなった。
    「日本国民」の存続というところに焦点をあてて考えていた昭和天皇の想いが強く伝わり最終章ではなぜか涙が止まりませんでした。
  • 国会崩壊
    平野氏は小沢一郎とのつながりが強いので、その辺を差し引いたとしても、とてもわかりやすく政治の話が書かれていて、戦前から戦後にかけての簡潔な日本の議会制民主主義(でない)史となっています。更に、現状の国会運営や自民党政権の腐敗ぶりへの危機感も書き連ねられており、2009年8月末の衆議院選挙に向けていい...続きを読む
  • 国会崩壊
    福田サミット前6月あたりの状況と、戦後日本議会政治史。たぶん議会政治史の部分が先にあって、それに当時のトレンディな(?)状況を付け足したものではないかと思われる。しかし政治本は本当に水物というか、あっという間に陳腐化してしまうんだなあ。
  • 虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実
    最側近が語る小沢一郎。世間はメディアなどの影響で、その人物像をかなり誤解させられているようだ。今こそ政権交代だ!頑張れ小沢!
  • 野党協力の深層
     政党は当然一つの政治目標をもった集合体だが、その範囲の中でも、党員は個性をもって活動する。
     その様々な、姿勢が鏤められている。

    ▶日本共産党府中市議会議員 結城亮
    「野党協力の深層・・戦後共産党はいかに大転換に至ったのか」(平野貞夫著)を読んで

     今朝(2016/12/19)は西武線多磨駅で...続きを読む