パトリック・デウィットの一覧

「パトリック・デウィット」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/02/06更新

ユーザーレビュー

  • みんなバーに帰る
    舞台はLAの場末のバー。
    ぶっきらぼうな文体。
    主人公の“君”。
    ウイスキー。

    面白くて一気読みした。
    乾いたLAの場末が思い浮かぶし、登場する人たちもリアル。
    肯定も否定もしないところがいい。
    ラストもいい。

    原作はもとより、訳した方もうまいと感じる。
  • シスターズ・ブラザーズ
    時は19世紀の米国西部。
    兄弟の殺し屋が一人の山師の殺害を命じられてカリフォルニアに旅立つ。

    その道中 兄弟の力関係、頭の良し悪し、残忍さや温かさが明らかになる。

    例え殺し屋でも人間だれであれ
    何かにすがって 何かを手掛かりに生きている。

    それは自分の腕であったり、将来の希望であったり、人間関...続きを読む
  • シスターズ・ブラザーズ
    凄腕の殺し屋シスターズ兄弟は、雇い主の“提督”に命じられある山師を消しにサンフランシスコへと旅立つ……。
    凶暴な兄とキレたらヤバイ弟、愛すべき二人の珍道中。暴力的で残酷なシーンの連続なのに、とぼけた語り口がそれを不快と感じさせない。積み重ねられたエピソードのひとつひとつも魅力的。
  • シスターズ・ブラザーズ
    ゴールドラッシュの米国、殺し屋兄弟の物語。

    なにごとにも速い兄と、なにかとトロい弟、典型的な2人組でありながら、
    ドライで深い人生観がチラホラ顔を出し、単なる物語では終わらない。
    気楽に読めて、考えさせられる、なかなかよく出来ている。
  • みんなバーに帰る
    酔っぱらいってサイテーだよね、うむ。自戒の念とか反省とか色々込めて。そして人が酔っぱらってひどい目に会う話ってなんでこんなにおもしろいんだろうね、困ったもんだ。