「高瀬毅」おすすめ作品一覧

【高瀬毅】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/28更新

ユーザーレビュー

  • ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」
     原爆と聞いてすぐに思い浮かぶ映像は、広島ならば原爆ドーム、長崎ならば筋骨隆々とした平和祈念像でしょう。でも、原爆ドームが被爆した建物そのものであるのに対し、平和祈念像が作られたのは1955年、原爆が落とされて10年後のことです。
     実は長崎にも、浦上天主堂という、原爆ドームに匹敵する、実際に被爆し...続きを読む
  • ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」
    無知であるということは罪深いことだ。と思った一冊。
    今の長崎にもしこの原爆ドームが残っていれば、日本人の、戦争や核を否定する思いはもっと強いものになっていただろうと思う。
    それほどの歴史的遺産がとり壊れてしまった謎が、ミステリアスに描かれていく。
    筆者の考えすぎでは!?と思うほどさまざまな訝しい点が...続きを読む
  • ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」
    広島には原爆ドームがあるのに、長崎には「原爆遺構」がない。実は1958年まで原爆で破壊された浦上天主堂があったんです。焼けこげたマリア像や首の折れた聖像も多数。市議会も市長も全員「保存」で合意してたのが、1956年に当時の市長がセントポールとの姉妹都市提携に関連して渡米したら豹変。アメリカのソフトな...続きを読む
  • ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」
     広島の原爆ドームのように原爆の傷を語る貴重な遺産となるはずだった長崎の浦上天主堂。なぜ浦上天主堂は取り壊されたのかに迫るノンフィクション。

     浦上のキリシタンの歴史や長崎に原爆が落ちる過程にもふれ、浦上の原爆を語る上での貴重な情報、写真に溢れている。
     後半では戦後の長崎がなぜ浦上天主堂の取り壊...続きを読む
  • ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」
    ヒロシマの原爆ドームは保存されたのに、ナガサキの浦上天主堂は保存されなかったのか。
    その疑問の答えはひとつではないが、出来事を後世に伝えるためには、遺構をそのまま残すことこそが大事だという筆者の主張に、首肯する。
    特に311をうけた追記は、とても大事なことだと思う。