マキアヴェッリの一覧

「マキアヴェッリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/16更新

ユーザーレビュー

  • 君主論 ─まんがで読破─
    君主論というよりマキャベリの伝記って感じですが楽しく読めました。目的のために手段を選ばない冷血漢なイメージを持たれがちなマキャベリ氏ですが、実は愛国心溢れる熱血漢だったんですね。
  • 君主論 ─まんがで読破─
    君主論の理論を歴史的背景と合わせて学ぶことで理解が深まる。

    リーダーに求められるのは、『恐れられること』『うらまれないこと』。

    相反しているようだが、両立は可能。うらまれないようにするには、人の権利やモノを奪わないことが大事。

    チェーザレがカッコいい。
  • 君主論 ─まんがで読破─
    リーダーの条件、読んで衝撃を受けた。
    今すぐ、態度を変えようと思った。
    なめられちゃいけない、えばっちゃいけない。
  • 君主論 ─まんがで読破─
    マッキャンベリ作。
    リーダーのあり方がよくわかる。部下を持つ立場になった際は是非原書を読みたい。

    リーダーは人から恐れられ且つ、恨まれてはならない。そのため人のものを奪わないこと。恐れられても人の道から大きく外れないこと。

    恐れ=力。部下は自分を守ってくれる力のないものについて行かない。

    人か...続きを読む
  • フィレンツェ史 (下)
    コジモ・デ・メディチの帰還から、ロレンツォ・デ・メディチの死までが描かれる下巻。圧巻は最終章である8章で、息もつかせぬ展開に思わずページをめくる手も早くなる。ラストの尻切れとんぼ感にはあぜんとさせられた。現代的な著作であれば、最後にまとめ的な何かが必ず来るものだが、当時は必ずしもそうではなかったのか...続きを読む