「マキアヴェッリ」おすすめ作品一覧

【マキアヴェッリ】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/16更新

ユーザーレビュー

  • 君主論 ─まんがで読破─
    リーダーの条件、読んで衝撃を受けた。
    今すぐ、態度を変えようと思った。
    なめられちゃいけない、えばっちゃいけない。
  • 君主論 ─まんがで読破─
    マッキャンベリ作。
    リーダーのあり方がよくわかる。部下を持つ立場になった際は是非原書を読みたい。

    リーダーは人から恐れられ且つ、恨まれてはならない。そのため人のものを奪わないこと。恐れられても人の道から大きく外れないこと。

    恐れ=力。部下は自分を守ってくれる力のないものについて行かない。

    人か...続きを読む
  • フィレンツェ史 (下)
    コジモ・デ・メディチの帰還から、ロレンツォ・デ・メディチの死までが描かれる下巻。圧巻は最終章である8章で、息もつかせぬ展開に思わずページをめくる手も早くなる。ラストの尻切れとんぼ感にはあぜんとさせられた。現代的な著作であれば、最後にまとめ的な何かが必ず来るものだが、当時は必ずしもそうではなかったのか...続きを読む
  • フィレンツェ史 (上)
    ローマ帝国の崩壊から、フィレンツェの成立、教皇派と皇帝派の対立、そしてコジモ・デ・メディチの追放と帰還までを本書では描く。新訳ということで活字も綺麗で大変読みやすいのみならず、訳者による精緻な注釈は大変読み応えがある。
    学術的な歴史資料としては過不足があるかも知れないが、素人の歴史好き的には大変興味...続きを読む
  • 君主論 ─まんがで読破─
    『まんがで読破 君主論』(2008年、イーストプレス)

    ルネサンス時代のイタリア・フィレンツェの行政官であったマキャヴェッリの著作『君主論』が書かれた時代背景と、その内容をマンガにしたもの。君主論が書かれた背景がわかるとともに、『君主論』の概要もつかめると思う。マキャヴェッリの入門書として、『君主...続きを読む