「岡江晃」おすすめ作品一覧

「岡江晃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/19更新

ユーザーレビュー

  • 宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで
    私は全くの素人ですが、宅間守は臨床経験や鑑定経験を多く持つ著者 岡江氏でも、これといった具体的な診断を迷わせる人物であったことがよくわかった。
    この本は法廷ドキュメントでもないし、重大事件のノンフィクションにありがちな著者の私的感情も読者への煽りもない、ただの報告書である。
    読み進めると「宅間守はど...続きを読む
  • 宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで
    大変興味深かった。病院の相談員も一部登場。一度措置入院になっている経過があっても、地域関係機関とのつながりがなかった(と思われる)のは、宅間のどの診断にも当てはまりにくいことがあったのか。この事件がきっかけで医療観察法ができたわけだが、この法律があっても池田小事件を防げたとは思えないというのは筆者の...続きを読む
  • 宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで
    自験例を彷彿させるところもあり、読むほどに背筋が凍る。
    専門外の人にも分かりやすく(鑑定書には必要な条件)、奇を衒わず、かつ、鑑定人の思考過程や苦慮したようすがありありと伝わってくる真摯な鑑定書。事件以前に宅間を診察したことがある多数の精神科医の診療録や証言、看護記録、なども生々しい。
    本事件によっ...続きを読む
  • 宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで
    なんというか、いろんな意味で読んでおいた方がいい本だと思った。

    宅間守の根本的な問題は、

    ・自分に対する理想と自分の現実の不一致
    ・その不一致を自分ではなく他者や社会に帰責しようとする心性

    の2つ、要は「分不相応な高望み」と「自己中心的な他罰性向」ということだ。

    しかし、この2つをまったく持...続きを読む
  • 宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで
    鑑定にまつわる全ての資料とその詳細な解説
    非常に興味深い内容,とても解りやすい


    最後には,鑑定主文と,大阪地裁の判決が掲載

特集