「平智之」おすすめ作品一覧

「平智之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/19更新

ユーザーレビュー

  • なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想
    全く知らない人だが、非常に参考になった。
    政策立案力は最優秀な方のようだ。
    ただ元衆議院議員で前回落選したようだ。
    当選するにはまた別の能力が求められるのか。
    是非次の選挙で当選してほしい。
  • なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想
     いい加減こうした論調の体制批判論はお腹いっぱいの感があるが、これだけ多くのまとまりのある主張が出ているのであるから、そろそろなんらかのカタチで実体化してしかるべきではないかと思う。この種の提案は抽象的な理念で終わってしまうことも多いが、本書は具体的な方法や数字を示すことによって実現性を期待させてく...続きを読む
  • なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想
    ゴルフ場問題を傍聴しながら読破したのですが、まさに誰が望んでいるのかわからないもののために市民の血税が投入されるという市政とパラレルな内容だけに、つくづく納得。
    正義が通る政治に変えるために、やるべきことは山ほどあるのを痛感します。
  • なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想
    禁原発を謳う平氏の考えには電力安定供給の選択肢を狭める点、資源獲得の際の交渉カードを一枚失う点でも日本にとって大きな損害だと思う。何かと官僚による国民詐欺だとか利権団体による搾取だとかの論で議論が進められるのは残念な点である。しかしそれら問題がないわけではなく国民目線の政治を行える優秀な方だと思うの...続きを読む
  • なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想
    メディア論の本かと思って手にしたが、政策決定過程における官僚たちの果たす役割(ネガティブな意味で)を、政治家の視点から描いた本だった。

    論の展開は「小さな政府」志向で筋道が通っており読んでいてスカッとする。気持ちいい。が、政府機能の受け皿となる地域共同体をどう構築するのかという点や、社会的弱者の包...続きを読む