なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想

なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

原発行政をはじめ、年金や教育、生活保護、公共投資、治安、成長戦略等々、あらゆる場面で少数の利権集団が官僚や政治家をうまく使いこなして政治を動かしている。また、日本の多数派は「もの言わぬ多数派」であり、少数派が流す誤った情報に左右され、彼らの意見に消極的に賛成する存在になってしまっているという問題もある。少数派は富を集中させるため、非効率な社会をそのままにしておきたいのだ。多数派よ、目覚めよ! そうすれば事態はすぐにも変わる。この国で何が起こっているのか、それを止めるにはどうすればいいかを国会議員を務めた理系ビジネスマンが論じる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
掲載誌・レーベル
ディスカヴァー携書
ページ数
184ページ
電子版発売日
2013年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

なぜ少数派に政治が動かされるのか? 多数決民主主義の幻想 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年09月28日

    全く知らない人だが、非常に参考になった。
    政策立案力は最優秀な方のようだ。
    ただ元衆議院議員で前回落選したようだ。
    当選するにはまた別の能力が求められるのか。
    是非次の選挙で当選してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    そういえば、この本が出版された7年前にはまだ民主主義の可能性が信じられていた。その時の気持ちを思い出した。

    導入が原発問題の議論が長かったので、この本のタイトルに期待した内容とは少し外れるかも、と心配したが、いろんな各論の議論にも触れていて説得力があった。

    自分はマクロ経済学には明るくないので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月26日

     いい加減こうした論調の体制批判論はお腹いっぱいの感があるが、これだけ多くのまとまりのある主張が出ているのであるから、そろそろなんらかのカタチで実体化してしかるべきではないかと思う。この種の提案は抽象的な理念で終わってしまうことも多いが、本書は具体的な方法や数字を示すことによって実現性を期待させてく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月17日

    ゴルフ場問題を傍聴しながら読破したのですが、まさに誰が望んでいるのかわからないもののために市民の血税が投入されるという市政とパラレルな内容だけに、つくづく納得。
    正義が通る政治に変えるために、やるべきことは山ほどあるのを痛感します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月05日

    メディア論の本かと思って手にしたが、政策決定過程における官僚たちの果たす役割(ネガティブな意味で)を、政治家の視点から描いた本だった。

    論の展開は「小さな政府」志向で筋道が通っており読んでいてスカッとする。気持ちいい。が、政府機能の受け皿となる地域共同体をどう構築するのかという点や、社会的弱者の包...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年01月04日

    禁原発を謳う平氏の考えには電力安定供給の選択肢を狭める点、資源獲得の際の交渉カードを一枚失う点でも日本にとって大きな損害だと思う。何かと官僚による国民詐欺だとか利権団体による搾取だとかの論で議論が進められるのは残念な点である。しかしそれら問題がないわけではなく国民目線の政治を行える優秀な方だと思うの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ディスカヴァー携書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング