大野耐一の一覧

「大野耐一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/05更新

ユーザーレビュー

  • トヨタ生産方式
    1978年初版の古典。

    トヨタ生産方式は、製造業のスタンダードとなったばかりではなく、ドラッカーにも多大な影響を与え、現代的マネジメントスタイルの基礎ともなっている。

    2000年代から台頭してきたソフトウェア開発スタイルである、「アジャイル」、「リーン」も、トヨタ生産方式を源流としていおり、ここ...続きを読む
  • トヨタ生産方式
    大野耐一さんが、TPSの思想である、規模を追わない生産方式「JIT 」を語り、人間尊重の組織によってそれを成し遂げた。経営システムとしてのTPSの思想が散りばめられた本。

    以下感想
    リーダーの仕事は、あるべき姿を考え、思想を具体化し、示していく事なのだと気付いた。そして、それを実現する方法として組...続きを読む
  • トヨタ生産方式
    著者の大野耐一さんは、トヨタの生産方式を一から作り上げた人。だから、この本は、カンバン方式や、ジャストインタイムの解説書かと思いきや、経営のあり方、ものの作り方等にたいする実に思慮深い考察が解説されていて、とても感心した。さすが1兆円以上の利益を出す企業の製造プロセスを創った人だけあります。割と古い...続きを読む
  • トヨタ生産方式
    リーン開発のベースがトヨタ生産方式になっている、ということでトヨタ生産方式の大元である本書を読んでみた。 トヨタ生産方式の根源となっているのは、消費者に価値のあるものを提供する→そのためにかかった原価をそのまま乗せることはできない→そのために原価を如何にして下げるか→ムダの徹底排除、という考え方であ...続きを読む
  • トヨタ生産方式
    トヨタの生産方式についてなんとなく理解していたつもりだったが、この本を読んだことで理解が格段に上がった。課題はずばり「多種少量生産でどうしたら原価が安くなる方法を開発できるか」である。そして豊田喜一郎が発送したジャストインタイムを大野耐一が実行した。これはフォード式の大量生産とは全く逆の発想で、物の...続きを読む

特集