岡田明子の一覧

「岡田明子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2016/04/27更新

ユーザーレビュー

  • シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン
    [ 内容 ]
    いまから五千年前にティグリス、ユーフラテス河畔に栄えた人類最古の都市文明シュメル。
    粘土板には多くの神話が残され、ギルガメシュ叙事詩や大洪水伝説など、後世に伝えられたものも多い。
    これらの神話の世界では、酔っ払う大神、死後の国を覗こうとする女神、蛮族を征服する王、怪獣など、様々なキャラ...続きを読む
  • シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    本書は世界最古の神話である「シュメル神話」を中心として書かれた内容となっている。
    単に神話の内容を紹介するのではなく、神話が生まれるに至る地域や歴史を踏まえ、それらがどのように「シュメル神話」へと反映されているのか。また、「シュメル神話」に書かれた内容が以後...続きを読む
  • シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン
     シュメール神話の原文(日本語訳)を交えつつ解説している。
     絵や写真が多く、目からも情報が入る。また解説も細かくわかりやすい。
     いわゆる「神話」の部分のみ取り上げられている。シュメール神話を詳しく知りたい方にオススメする。
     
  • シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン
    シュメル神話についての予備知識はまったくないが
    おとぎ話の詰め合わせとしてまずは読ませてもらえる。

    ギルガメシュと言えばビッグブリッジの死闘か
    怪しげな深夜番組かと思っていましたが、ここで出てくる
    英雄の名前だったのですね。

    半神半人の英雄は神話の世界ではありふれていて
    王権の正統性の源泉をこう...続きを読む
  • シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン
    ギルガメシュ叙事詩や旧約聖書の元となった話など、現代にも影響を残しているシュメル文化について知りたかった。わかりやすい話を単に紹介するのではなく、文化背景の解説が豊富で物語の地域差や他の物語との比較などにも触れているので、シュメル神話を気軽に知る本というより学術色の強い本だと思う。
    神々の名前に慣れ...続きを読む