大藪春彦の一覧

「大藪春彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/23更新

ユーザーレビュー

  • 非情の女豹
    ★漆黒の髪と燃えるような瞳褐色の肌を持つとびきりの美女エミー

    『野獣死すべし』の伊達邦彦に『汚れた英雄』の北野昌夫、そして『獣たちの墓標』の西城秀夫と、大藪春彦の小説の主人公は、いつだって強靭な肉体と冷徹な精神を併せ持つ男が暴力とカーチェイスとガン・アクションを繰り広げないと始まらないし終わらない...続きを読む
  • 探偵事務所23
    これは昔のヒーローを思い出させるほど完璧な格好いい男の物語。

    最後ら辺に行くと結構ムリに締めくくってるという気になりますが、読んでいて先がすごく楽しみになる内容です。

    作者はもう亡くなられているので、関連のを探そうにもムリなのかもしれませんが、また違ったストーリーのを読みたくなりますw
  • 蘇える金狼 完結篇
    時代背景が古いのは仕方ないが、それでもわくわくする展開はさすが。
    松田優作の映画では知っていたものの、映画以上に面白いかも。
    あれ、映画とはラストが違う?
    主だった面子は、映画のキャストが小説の中で躍動する感じで楽しめた。
  • 蘇える金狼 完結篇
    大藪春彦『蘇える金狼 完結篇』角川文庫。

    ハードボイルド・アクション小説の金字塔、完結篇。既読であるのだが、角川文庫から復刊されたのを機会に再読。

    読み返してみると、朝倉哲也のサイコパスぶりと強引で荒唐無稽なストーリー、大時代的な表現にかなり驚かせれた。松田優作主演の映画も観たはずなのだが、こん...続きを読む
  • 蘇える金狼 野望篇
    大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』角川文庫。

    言わずと知れたハードボイルド・アクション小説の金字塔。大分前に既読であるのだが、この度角川文庫から復刊されたのを機会に再読。

    昭和の高度経済成長期の雰囲気と時代を感じる表現は今読むと何故か新鮮さを感じる。

    東和油脂 経理部に勤務する朝倉哲也は壮大な野望...続きを読む

特集