「小松達也」おすすめ作品一覧

「小松達也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/03/16更新

ユーザーレビュー

  • 英語で話すヒント ――通訳者が教える上達法
    a rocket-driven Sherlock Holmes

    通訳者をこう呼ぶ人がいたみたい!


    それだけですごくやる気が出てきてしまう単純な私。


    長年の通訳の実体験も踏まえた英語学習へのコツが紹介されてます。インプットである聞くこと、アウトプットである話すことが連関してることなどは、その...続きを読む
  • 英語で話すヒント ――通訳者が教える上達法
    第一級の通訳者が著した英語の“指南書”。「指南」という言葉がピッタリだ、と思うが、どうだろうか?
    英語習得の極意が所狭しと並べられている。もっと深く知りたい…と思うが、これは新書の限界か。直接、お話を聴きたくなった。

    “受験勉強”から解放されつつあるので、これから、今年の目標である英語の勉強再開だ...続きを読む
  • 英語で話すヒント ――通訳者が教える上達法
    非常に納得。自分の勉強法で足りないのは読むこと。最後まで言い切ること。継続は力。簡単に英語がマスターできる教材がよく宣伝されているが、やはり、死ぬまで努力し続けることが必要というのは納得。母国語ではないのだから。日本語でよく使う言葉で実は意味がよくわかっていない言葉がある。英語に置き換えようとする努...続きを読む
  • 英語で話すヒント ――通訳者が教える上達法
    仕事や日常生活で、ときに英語が必要とされることもあり購読。

    話すには英語力は大事、そしてバックグラウンドとなる教養・専門知識・準備も大事。
    聞くには英語力は大事、そして話し手の論理を理解することも大事。

    当たり前な気がするけど、果たして実践しているかというとしていない。そう、その大切さを改めて理...続きを読む
  • 英語で話すヒント ――通訳者が教える上達法
    同時通訳者が通訳という立場で英語の勉強法を述べたものである。詩や文学を楽しんで学習することを推薦し、英語の学習は一生続くという当たり前だがあまり他の人が言わないことを言っていることは注目できる。
    英語が不得意な学生が英語学習のひとつの立場として読んでみるのがいいであろう。