「時岡敬子」おすすめ作品一覧

「時岡敬子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • イザベラ・バードの日本紀行(下)
    とても興味深い記録。
    読む価値がある。

    キリスト教徒のイギリス女性の見方ということも設定条件のひとつとして読めば感情的になることもなく面白い。
  • 朝鮮紀行
    本著は評価する類ではなく、もはや、歴史的な資料である。白人女性により記録された1800年代後半の朝鮮の姿。果たして、朝鮮にどのようなイメージを私は持っていただろうか。そのイメージは、既存のメディア、学校教育が齎したものだ。そのどれよりも、真実に近い。先ずは、自分の目で見ることなのだろう。

    しかし、...続きを読む
  • イザベラ・バードの日本紀行(上)
    著者の考え方、感じ方につっこみどころが有る無しは別にして、彼女が明治の東北を旅したという事実に驚嘆した。
    この人、すごいわ。
    この本はその旅のまぎれもない記録であり、価値のあるものだと思う。
    さあ、下巻に突入だ!
  • イザベラ・バードの日本紀行(上)
    明治10年頃の日本を蝦夷地まで旅した英国女性の旅行記。白人優越主義・クリスチャン優越主義的な「上から目線」で日本の信仰や習俗を度々disるのには少しイライラさせられるが、それ以外の描写についてはかなり的確かつ客観的で、現在は失われたものも多い(また継続して現在に在ることも多い)往年の日本の風土・文化...続きを読む
  • イザベラ・バードの日本紀行(上)
    明治維新からまもない1878年、英国人女性のイザベラ・バードによる東北地方と北海道の旅。行く先々で、外国人を一度も見たことがない人たちに囲まれ好奇心の目で監視されながら、当時の人びとの暮らしや習慣をかなり細かく克明に記している。「鋤ではなく絵筆で耕された」古き良き日本の美しい風景の描写が印象的。
    ...続きを読む

特集