「高橋利樹」おすすめ作品一覧

「高橋利樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 京の花街 「輪違屋」物語
    [ 内容 ]
    京都・島原といえば、かつて興隆をきわめた、日本でいちばん古い廓。
    その地でたった一軒、現在でも営業を続けるお茶屋が輪違屋である。
    芸・教養・容姿のすべてにおいて極上の妓女、太夫を抱え、脈々と三百年の伝統を受け継いでいる。
    本書では、輪違屋十代目当主が、幼き日々の思い出、太夫の歴史と文化...続きを読む
  • 京の花街 「輪違屋」物語
    浅田次郎の一連の新撰組関連書籍を読んで、その一環としてこれも読んでみた。現役の主人が実態を綴ってるってことで、週刊誌的読み物としての楽しみは味わえました。
  • 京の花街 「輪違屋」物語
    現代にまだこの文化が残っていることが
    とてつもない財産であると感じる。
    京と江戸の文化の違いや差というものも非常に感じた。

    差と言えば、禿の手配が大変であるとか
    本気で将来太夫になりたくて住み込んで稽古を始めるのではなくて
    高額アルバイト感覚というのもまた、悪い意味で現代らしい。

    ところどころで...続きを読む
  • 京の花街 「輪違屋」物語
    京都の島原で今も営業中のお茶屋「和違屋(わちがいや)」の十代目当主が
    ゆったりとした口調で(文章と言うより話し言葉を聞いているようでした)
    島原の歴史や太夫さんの話を語ってくれます。

    吉原の花魁の「ありんす言葉」が地元がわからないようにするためのものだという
    ことは存じておりましたが、島原の太夫産...続きを読む