「坂岡洋子」おすすめ作品一覧

「坂岡洋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/04更新

ユーザーレビュー

  • 老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
    老前整理は、老後に行うものではなく、
    老後に入る前に行うものです。

    放っておくと、
    モノはどんどん増えていきます。

    そのまま老後に入ってしまうと、
    体力的にも、身体的にも整理整頓はしづらくなるし、
    自分が死んだあと、残された家族に
    遺品整理という大変な作業を強いてしまうから、
    そうなる前に、自分...続きを読む
  • 老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
    物を捨てる、身の回りを整理することで新しいものが入ってくる、いいことが巡ってくる。
    断捨離などと近いコンセプトです。

    人が死ぬときには何一つ持っていけない。
    残された家族たちに「遺品整理」という辛い作業をさせないために生きてるうちにモノを整理しておきましょう。
    年を取ると片付け作業は負担になるので...続きを読む
  • 老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
    自分が亡くなってから子供や親類にしてもらうことになるのが遺品整理。これはした人に多大な疲労をもたらす。
    それならばと、亡くなる前に自分の死を見すえてするのが「生前整理」。これはあくまで死ぬための準備である。
    この筆者が提唱するのは、残された人生を心地よくすっきりと過ごすためのいわば自分の人生のための...続きを読む
  • 老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
    老いると物が捨てれなくなる(肉体的にも精神的にも)

    しかし、溢れかえった物のせいで生きにくくなる。または、遺族が大変な思い(肉体的、精神的、経済的に)をする。

    私の祖母も、「一緒に片付けるよ。」と提案しても片付けを拒みます。拒んだ祖母の気持ちがこの本を読んで理解出来た。

    物溢れは、高齢化社会の...続きを読む
  • 老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
    40代になってから「いあらないモノは処分だな」と思うのはこういうことなのかも。
    しまっていて忘れてしまったもの(大切にしすぎ!?)、
    使えそうと思って置いている服、そんなものありました。
    今春の引っ越しが、そういうものを処分する良いきっかけになった。ジブンで梱包して正解だった。
    なぜか余分に買ってく...続きを読む