「桃井和馬」おすすめ作品一覧

「桃井和馬」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/12更新

ユーザーレビュー

  • 妻と最期の十日間
    昨日友人と「死」について話しており、シンクロして手に取る。大切な家族が死に直面したとき、わたしはどう思い、動くだろうか。
  • 妻と最期の十日間
    くも膜下出血で倒れ、41歳で亡くなった妻の看取りの記録。

    著者の桃井和馬氏はフォトジャーナリストで、たびたび戦地にも赴いたこともある人だ。死の色濃い現場の回想と交互に綴られる十日間。

    会社で妻が倒れたと聞き、ショックで意識障害を起こしながらも病院に向かう著者。ほどなく脳死状態であるとわかると、妻...続きを読む
  • 妻と最期の十日間
    誠実なキリスト者であり、かつタフなジャーナリストである著者だからこそ書けた手記であると思う。大切な人を看取る過程での、想像をこえた身体や精神の反応、感情の貴重な記録。
  • 妻と最期の十日間
    くも膜下出血で妻を失ったジャーナリストの手記。

    これほど、真摯に生と死を見つめた本に今まで出会ったことがあっただろうか。
    妻への愛、娘への愛、家族、仕事、生きること、死とは。
    世界で起きている様々な紛争や内乱、遠くの国で起きている生と死の闘い、そして自分の妻の生と死の闘い。

    信仰を持たない私には...続きを読む
  • 妻と最期の十日間
    慟哭しつつ一気に読みました。
    愛する者との別れに対する覚悟を問われつつ、日ごろの生き方を考えさせられる。