「小田中聰樹」おすすめ作品一覧

「小田中聰樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 冤罪はこうして作られる
    結構古い本だから、さすがに今これはないだろ…ないよね?って感じで読んでたけど。
    最後の、『冤罪を防ぐために』で述べられてること、今もほとんど何も変わってない気がして、ゾッとした。
  • 冤罪はこうして作られる
    [ 内容 ]
    無実の者が、ある日突然に「犯人」にされる。
    警察はなぜ「犯人」を作り出すのか。
    裁判官はなぜウソを見抜けないのか。
    今も冤罪を生み続けている日本の刑事司法の構造的欠陥をえぐる。

    [ 目次 ]
    ●他人の悲劇ではない
    ●なぜ虚偽自白をするのか
    ●アリバイを握りつぶす
    ●代用監獄で何がおこ...続きを読む
  • 冤罪はこうして作られる
    出版されてから時間はたっているが、今読んでも参考になる。
    つまり、冤罪に関しての問題点は昔から何も解決していないということだろう。

    戦後の刑事司法で起こった冤罪の具体例、その背景や原因、考えられる解決策などが詳しく記されている。
    新書ではあるが読み応えがある。
    真面目すぎて面白みに欠ける気もするが...続きを読む