「春日孝之」おすすめ作品一覧

「春日孝之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/09/27更新

ユーザーレビュー

  • イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―
    [潜在大国の表と裏]その政治体制から宗教、外交政策に至るまで、ありとあらゆる側面で注目を集めるイラン。強硬派とされたアフマディネジャド大統領時代にイランに赴任することになった記者の現地レポートにして、今後のイランの行く末を考えた一冊です。著者は、毎日新聞で記者を務める春日孝之。


    著者は特に「イス...続きを読む
  • イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―
    イランて、結構、複雑な国なのだなと言うのが、この本を読んだ感想です。
    機会があれば、イランの歴史とか中東の歴史とかの解説本を読んでみたい気もしますが、とりあえず、そんな時間なさそう。

    ちなみに、この本も、@hideoharadaさんがツイッターで紹介しているのを見て、読みました。
  • イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―
    イランを取り巻く世界がよくわかります。
    現地に行って現地の人の声を聞いているのでリアリティがあり、ニュースで取り上げられていることや自分自身がイランに持っていたイメージなどが全然違ったことに驚きました。

    シーア派VSスンニ派
    イランVSアメリカ
    イスラムVSユダヤ
    革命派VS保守派

    などの様々な...続きを読む
  • イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―
    2005年から4年間、毎日新聞のテヘラン特派員としてテヘランで過ごされた著者によるイラン分析。「へぇ」と思うところが多々あって、面白かった。アメリカ、イラン、イスラエル、アラブ諸国などの関係は表面的に見えているところだけでは判断できないもののようだ。

    以下、覚書。
    *イランは中東では最もアメリカ的...続きを読む
  • イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―
    ○この本を一言で表すと?
     現実主義な国「イラン」の実態を描いた本


    ○この本を読んで面白かった点・考えた点
    ・ニュースで知るイランが極端な一面をクローズアップしただけだと分かる、イランにおける常識や実状を知ることができる本でした。著者が実際にイランで見聞・体験した出来事を中心に主観的な視点...続きを読む