イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―

イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

今、イランから目が離せない。核開発、開票不正疑惑、大統領の過激発言など、中東発のニュースを独占している。その非妥協的な態度ゆえに、国際社会から孤立しつつも、再建途上のイラクやアフガンを尻目に存在感は増すばかり。しかし、その実像はいまだ不透明なベールに包まれている。核開発の本当の理由、アラブへの近親憎悪、米国への秘めた想いなど、特派員としての取材経験をもとに「中東の大国」の本音に迫る。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
239ページ
電子版発売日
2011年04月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

イランはこれからどうなるのか―「イスラム大国」の真実― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年01月19日

    [潜在大国の表と裏]その政治体制から宗教、外交政策に至るまで、ありとあらゆる側面で注目を集めるイラン。強硬派とされたアフマディネジャド大統領時代にイランに赴任することになった記者の現地レポートにして、今後のイランの行く末を考えた一冊です。著者は、毎日新聞で記者を務める春日孝之。


    著者は特に「イス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月01日

    イランて、結構、複雑な国なのだなと言うのが、この本を読んだ感想です。
    機会があれば、イランの歴史とか中東の歴史とかの解説本を読んでみたい気もしますが、とりあえず、そんな時間なさそう。

    ちなみに、この本も、@hideoharadaさんがツイッターで紹介しているのを見て、読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月10日

    イランを取り巻く世界がよくわかります。
    現地に行って現地の人の声を聞いているのでリアリティがあり、ニュースで取り上げられていることや自分自身がイランに持っていたイメージなどが全然違ったことに驚きました。

    シーア派VSスンニ派
    イランVSアメリカ
    イスラムVSユダヤ
    革命派VS保守派

    などの様々な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

    2005年から4年間、毎日新聞のテヘラン特派員としてテヘランで過ごされた著者によるイラン分析。「へぇ」と思うところが多々あって、面白かった。アメリカ、イラン、イスラエル、アラブ諸国などの関係は表面的に見えているところだけでは判断できないもののようだ。

    以下、覚書。
    *イランは中東では最もアメリカ的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月27日

    イランと中国は似ている。内外に様々な問題を抱えていて、一朝一夕にはよくならないのだろうな。米国とイランが仲直り出来ますように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月13日

    イラン世界がよくわかります。
    現地に行って現地の人の声を聞いているのでリアリティがあり、ニュースで取り上げられていることや自分自身がイランに持っていたイメージなどが全然違ったことに驚きました。

    ペルシャ人はアラブ人と「同じムスリム」と同一視して欲しくない。自分たちは「アーリア人、白人だ」という思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月11日

    テヘラン特派員として日本人記者が現地で見てきたイラン像が中心となっている本。著者が実際に驚いたことが書かれているからなのか、「え?そうなの?」「なるほど!」と思う箇所が多い一冊でした。

    ブッシュ前大統領の「悪の枢軸」発言にしても、対タリバンや対アルカイダという利害一致によるアメリカ支援という当時の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月04日

    イランという国に対してなぜか黒いイメージ・・・核開発疑惑やアフマディネジャド大統領のホロコースト否定発言に代表されるような過激発言など・・・が付き纏うのは往々にして僕らが欧米の側に立った視点で見ているからのように思う。本書はそれをイランの側から改めて見つめなおし日本人に知られざるイランの姿を教えてく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています