「森孝一」おすすめ作品一覧

「森孝一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 宗教からよむ「アメリカ」
    非常に面白かった。体系的に日本語で書かれた本は少ないので勉強になった。たしかプレジデントウーマンでおすすめしていたので一読。しかしながらけっこう前の本なので最新事情が知りたい。多民族で成り立つ国家の難しさについて改めて感じた。
  • 宗教からよむ「アメリカ」
    アメリカの「政教分離」=”Separation of Church and State”

    したがって特定の宗教が政治にかかわることは政教分離に反していない。これははじめて触れた知見だった。「市民宗教」「見えざる国教」としてのキリスト教(に限りなく近いもの)がアメリカのナショナルアイデンティティの基...続きを読む
  • 宗教からよむ「アメリカ」
    とても興味深い本だった。
    アメリカ大統領が政治的最高権力者と同時に精神的指導者という立場でもあるということは、全く思いもよらなかったが、TVでアメリカ大統領選の活動に国民が熱狂してるシーンが放送されるのはそういうことかと納得。
    アメリカの政教分離が「政治と宗教の分離」ではなく「教会と国家の分離」であ...続きを読む
  • 宗教からよむ「アメリカ」
    イラク攻撃が迫る中、なぜ米国があそこまで拘るのかと不思議な気持ちさせしますが、この本を読むと謎の一部が解けるように思われます。米国には市民宗教(著者はそれを見えざる国教と呼ぶ)があり、それが国としてのアイデンティティーを保つ基盤になっているとのこと。それはプロテスタント・カトリック・ユダヤ教の誰でも...続きを読む
  • 宗教からよむ「アメリカ」
     国家というのは、一種のフィクションであり、吉本隆明的な言説では、共同幻想であり、ベネディクトアンダーソン的な言説では想像の共同体だ。どのような国家であってもそれを成り立たせているもの、国体が存在する。そのアメリカのナショナルアイデンティティを担保するものはなにか?本書はその問いにアメリカ建国の経緯...続きを読む