竹内外史の一覧

「竹内外史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/03更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    ブルーバックスのくせに(?)レベルが高い。
    2章かせいぜい3章くらいまでは、数学の心得がない人にも読めるように懇切丁寧に心構えの説明があって竹内ブシが楽しめる。が、順序数ωが出てくるあたりから、ついに我慢できず本領を発揮していて、それまでさらさらと読めたのが急に詰まるようになる。厳密な議論がないので...続きを読む
  • 数学基礎論
    簡潔な記述で、ある程度この分野に親しんだことのある人にはわかりやすいが、初心者向けではない。解説がまた査読のコメントみたいで初心者にはかえって毒(誤読しやすい)。
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    素朴・現代集合論の入門・概説書。
    平易な語り口で時に大きく省略しながら、集合論の基礎概念からBG集合論、ゲーデルの構成可能集合、コーエンの独立性証明、到達不能基数、直観論理的集合論、連続体仮説とスケールなど、高度な話題が紹介されている。
    とくに著者は公理的アプローチに思うところがあるようで、例を豊富...続きを読む
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    集合を勉強しはじめるのに読むとよい本。

    集合の本全般にそうだが、どういう必要があって論じているかがない話は理解できなくなる。
    後半は全部理解するのはとても無理だと思った。
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    私が知らなかった数学の偉大な側面を見てしまった。それは宇宙の構成に見られる無限の階層構造を唯一創造できるような道具の発明だった。緻密さ、厳密さ、抽象化が数学だと思っていたら、それだけではないまさにクリエイトしてしまったのが集合概念だ。

    最初の方は、なんだかぬるい内容だな、初歩的すぎるな、と思ってい...続きを読む