「竹内外史」おすすめ作品一覧

「竹内外史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    まえがき 要約
    集合が現代数学にどんな役割を果たしているのか?
    集合を用いることで何をやっているのか?
    集合とは何なのか?
    という疑問に答える本は少ない。

    集合のように数学の基本的な概念については数学的訓練のない人にも理解できるような解説書もあるべきだ。

    本書は、集合についての主要な考えを数学的...続きを読む
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    集合を勉強しはじめるのに読むとよい本。

    集合の本全般にそうだが、どういう必要があって論じているかがない話は理解できなくなる。
    後半は全部理解するのはとても無理だと思った。
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    私が知らなかった数学の偉大な側面を見てしまった。それは宇宙の構成に見られる無限の階層構造を唯一創造できるような道具の発明だった。緻密さ、厳密さ、抽象化が数学だと思っていたら、それだけではないまさにクリエイトしてしまったのが集合概念だ。

    最初の方は、なんだかぬるい内容だな、初歩的すぎるな、と思ってい...続きを読む
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    相当面白い。ただし、ノートを取る必要がある程度には難しい。これを読むと数学を根本的なところから考えたくなってくる。同著者の「層・圏・トポス」への理解も深まった気がする。
  • 新装版 集合とはなにか はじめて学ぶ人のために
    昔読んだ時は第2章の途中くらいからわからなくなってしまったが、今回は第3章の終わりくらいからに変わった。ちょっと進歩している。
    ただ、その"第3章の終わり"である BG集合論や第4章以降は著者の想いが先走って言葉足らずになっているように思う。
    今回はちゃんと通読して、この本は単なる「集合についてのや...続きを読む