「伊達宗行」おすすめ作品一覧

「伊達宗行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで
    講談社ブルーバックスの1冊。
    但し、狭いテーマを取り上げて解説したものではありませんし、けっして軽い読み物ではありません。

     総302頁に書かれている内容は簡潔にして高度で充分に網羅的です。
    基礎的な内容、物性物理の成果、研究の最前線のテーマいづれも盛り込まれてます。

    これは入門する人用...続きを読む
  • 極限の科学 低温・高圧・強磁場の物理
     物性物理の魅力がひしひし伝わってくる。扱う三分野(温度・圧力・磁場)は,20世紀初頭から極限条件が追及されて特に大きな成功を収めてきた。それが物質の本性の解明に結びついてきた。
     低温・高圧・強磁場を突き詰めてゆくと,量子力学が不可欠になってくる。超電導を含めた超流動,ボース・アインシュタイン凝縮...続きを読む
  • 極限の科学 低温・高圧・強磁場の物理
    「すべての科学はなんらかの意味で極限を目指している。」
    認識量と到達量。
    ナノメートル以下は制御可能ではない。
    オングストロームは、制御できないが、認識量として観測できる。
    低温物理学、高圧物理学、強磁場物理学を統合。
    時間の極限
    電場の極限。
    強電場を作ると、物質がブレークダウンという現象を起こし...続きを読む
  • 極限の科学 低温・高圧・強磁場の物理
    低温、高圧、強磁場の極限の実現の歴史、方法から、そこで現れる驚きの物理現象まで、非常に高度な話しが平易に書かれている。何箇所か前著「新しい物性物理」を参照と出てくるのが残念だが、枚数制限があるので仕方ないか。
  • 「理科」で歴史を読みなおす
    歴史に興味はあるけれど、教科書を読んでも頭になかなか入ってこなかった中高生の時に出会いたかった本。「数字」「鉄」といった具体的で普遍的な事象から歴史を眺めることは、歴史をイメージする手助けとなる。

    「理科で歴史を読み直す」には、以下の二つの意味があると私は解釈した。
    1.人々が数字や科学をどのよう...続きを読む