太平洋戦争研究会の一覧

「太平洋戦争研究会」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/06更新

ユーザーレビュー

  • 図説 写真で見る満州全史
     夏の大連旅行の準備として読んだ。鮮明な写真、豊富な図から、とてもわかりやすい。歴史観も偏ったものでなく、公平な目で述べているところに好感が持てた。
     戦争に至る恐ろしい道のりを考えると、あらためて愚かな歴史を繰り返してはならないと、強く思った。
  • 東京裁判の全貌
    夏にまともに読めた一冊。終戦から逮捕、そして裁判、絞首刑宣告から執行そして遺骨奪回をめぐるまで、まるでドラマじゃないかと思うくらい、すっとのめりこんで読めた。戦争は犯罪なのか。いや、そうではないはずだ。でも、日本の今ある姿の背景に彼らがそこにいたことを忘れてはいけないと感じた。
  • 図説 写真で見る満州全史
    戦後生まれの私は、満州に行った父親の当時の写真を見たくらいで、今まで何も知識は無かった。当時の写真や現存する建築物等の写真を見ながら、当時夢を見て満州に渡った人々の気持ちに思いを馳せるのに絶好の写真本である。
  • 太平洋戦争の秘密
    太平洋戦争の主要な戦闘がまとまっている。

    どのような流れで戦争が進み、そして、終戦に進んでいったか。太平洋戦争の流れを押さえるため、また参照用としては良い本だと思う。
  • 東京裁判の全貌
    写真がたくさんで文章も平易なので、ずんずん読める。
    被告の紹介とか、逮捕までの動向とか、巣鴨プリズンの話とか、読み物として面白くまとめられていると思う。裁判自体の箇所についても、主要な出来事をかいつまんで説明してくれてる。
    全体を通してテレビ番組みたいに読める。