「麻生俊平」おすすめ作品一覧

「麻生俊平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/08/20更新

ユーザーレビュー

  • 捜査班 因果
    殆んど注目されなかった作品であるかと思うが、非常に深い、秀作だと思う。前作の『捜査班 完黙』の続編であり、前作と本作で一つの物語として成立しているのだ。前作ではラノベ作家の片鱗が垣間見えたのだが、本作ではハードな警察小説に仕立てられている。

    前作を読み終えた時に主人公は辻浦刑事である事に気付くので...続きを読む
  • 捜査班 完黙
    初読みの作家。出身はラノベらしく、その片鱗も窺える。過去と現在で発生した二つの殺人事件が、ゆっくりと現在で交錯して行く…

    『通奏低音』の章で語られる過去の殺人事件。犯人は一人称で描かれるも、その正体はなかなか明かされない。ひとつ確かなのは犯人は刑事の息子の少年であること。一方、メインの現在を舞台に...続きを読む
  • ホワイト・ファング 狼よ、月影に瞑れ
    ひさびさの麻生節だが、最後の方で展開を急ぎすぎているように感じる。

    麻生俊平が売れないのは、読者と同じ立場の一般市民の偽善性を、露骨に暴いているためのように思える。
    無自覚な怠け者にこの本は厳しい。
  • 捜査班 完黙
    九辻署強行犯係に配属された新人の小田桐は、“八の辻児童公園殺人事件”の捜査に当たることとなった。民間から転職してきた暮林警部と聞き込みを終えた翌日、新たな相方に指名された叩き上げの女警部補歌川の監視を、キャリアの高城警部補に頼まれた小田桐。一向に進展せぬ事件の捜査に加え、仲間同士の駆け引き、少しも感...続きを読む
  • 捜査班 因果
    甥が誘拐された。要求額は八千万ー県知事財部の脳裏に悪夢が甦った。時効を迎えてしまった、愛息子が殺害された事件…不正な手段をも使い、ようやく身代金を掻き集めたものの、受渡しの連絡があった直後に、財部の不審な挙動を掴んだ県警本部の磯貝理事官が現れた。すぐさま招集された九辻署の面々。妙な手順を要求してきた...続きを読む