【感想・ネタバレ】捜査班 因果のレビュー

価格 495円 (税込)
4.0
2件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年05月09日

殆んど注目されなかった作品であるかと思うが、非常に深い、秀作だと思う。前作の『捜査班 完黙』の続編であり、前作と本作で一つの物語として成立しているのだ。前作ではラノベ作家の片鱗が垣間見えたのだが、本作ではハードな警察小説に仕立てられている。

前作を読み終えた時に主人公は辻浦刑事である事に気付くので...続きを読むあるが、本作でも主人公は間違いなく、辻浦刑事である。犯人に迫るアプローチ、犯人の心と同化したかのような推理…その理由は、前作を読めば理解出来るだろう。

本作で描かれのは、二つの誘拐事件。被害者はまたも財部家の関係者。ゆえにタイトルは『捜査班 因果』なのか…いや、理由はもっと深いところにある。読めば解る。面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月15日

甥が誘拐された。要求額は八千万ー県知事財部の脳裏に悪夢が甦った。時効を迎えてしまった、愛息子が殺害された事件…不正な手段をも使い、ようやく身代金を掻き集めたものの、受渡しの連絡があった直後に、財部の不審な挙動を掴んだ県警本部の磯貝理事官が現れた。すぐさま招集された九辻署の面々。妙な手順を要求してきた...続きを読む誘拐犯に、犯人と同化する独自の捜査法を用いる辻浦は。

このレビューは参考になりましたか?