川岸殴魚の作品一覧

「川岸殴魚」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:川岸殴魚(カワギシオウギョ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部理学科生物専修卒。『邪神大沼』で第3回小学館ライトノベル大賞の審査員特別賞を受賞し、2009年『やむなく覚醒!! 邪神大沼』に改題しデビュー。『邪神大沼』シリーズ、『人生』シリーズを手がける。

作品一覧

2023/02/17更新

ユーザーレビュー

  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9
    新生徒会クリスマス会準備編。
    前巻同様、この話も前半部分は歯車の狂った奉仕部と八幡の心境が続いてて陰鬱とした雰囲気。
    ただ、八幡本音吐露の名シーン以降、後半は明るい展開で良かった。
    葉山グループのメンバーともちょいちょい遊んだり、見ててほっこりしますね。

    にしても、会議は踊るされど進まずの様子は、...続きを読む
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8
    生徒会長選挙編。
    いろはす登場。このキャラはいい性格じゃないんだけどなんか嫌いになれない。ぶりっ子のようでそこまで媚びず、適度に腹黒キャラだからかな。

    それにしても、今回も面白かったんだけど、全体を通して陰鬱な雰囲気で困ります。
    修学旅行の亀裂から続き、相変わらずの八幡の解決法に奉仕部分裂危機、か...続きを読む
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7
    修学旅行回。
    どんどん巻を経るごとに、ほんと八幡が救われなくなってくる。
    途中の女王三浦との会話とか、葉山の会話とか結構良かった。あと戸部翔も随分いいキャラになりました。
    ガハマさんは頑張ってアピールしてる感じで、デート(?)なシーンとか、八幡が無意識男前ムーブしてるとことかもよかった。
    最後の解決...続きを読む
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14

    ここまで読んだ人へのご褒美

    シリーズ全体を通して、面白いのは間違いなかったけれど、言い回しが難しかったりして、正直読むのがしんどいときもあった。
    それでも、最終巻にたどり着いた人だけが分かる面白さが必ずここにはあります。
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6
    文化祭回。
    最後まで読んで、とても面白かったんだけど、ひたすら相模がうっとうしい。
    目立った悪役でもなく、カースト2位集団のリーダーで友達も多い、、、的な人物らしいけど、なんであそこまで嫌いなキャラ設定ができるのか不思議で流石作者さんって感じでした。
    屋上の最終対決も、そんなに八幡悪いこと言ってるか...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!