「フリーク・ヴァーミューレン」おすすめ作品一覧

「フリーク・ヴァーミューレン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:フリーク・ヴァーミューレン(フリークヴァーミューレン)
  • 性別:男性

著書に『ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実』などがある。ロンドン・ビジネススクール准教授。

作品一覧

2013/04/12更新

ユーザーレビュー

  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
    ・数値は意思決定の一つの(小さな)材料。最後はそれを脇に置き、直感と経験に基づいて決断を下さねばならない
    ・その買収でお互いの経営資源を組み合わせることによって、なぜ新たな価値を生むことができるかを説明できなければならない。三分の二の買収案件は失敗する
    ・経営者は普通の人間とたいして変わらない
    ・長...続きを読む
  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
    [裸の王様にすきま風を]経営や企業運営に関して、一般の人にも広く共有されたイメージや考え方の誤りを、時に鋭く、時にユーモアあふれる語り口で指摘した作品。企業における成功や失敗、M&Aの功罪など、幅広いテーマについて思わず「えっ??」と思わせてくれる方向から新たな物の見方を読者に授けてくれます。著者は...続きを読む
  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
    楽しい読み物としても良かったが、色んな言葉を覚えた。
    「最適弁別性理論」:他の人と多少なりとも違った個性を持とうとすること。
    「時間圧縮の不経済」:努力や成長を短期間に詰め込むのは、それを長い期間にわたって行うよりも非効率であること。
    「対応バイアス」:うまくいっていると、自分の手柄にする。うまくい...続きを読む
  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
    久々の当たり。
    東洋経済新報社の「ヤバい」シリーズ?という感じだが、もちろん話題となった「ヤバい経済学」とは直接の関係は無い。
    「コアビジネスへの集中が強い企業の条件って、単純過ぎない?」「ノウハウのデータベースが悪さをすることもある」「イノベーションを起こす会社は、ほとんど例外なく早く死ぬ」「何度...続きを読む
  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
    70-80%の買収は失敗、人員削減は利益に貢献しない、チーム内の賃金格差は業績が下がる、など統計が漠然とした認識を覆すものは非常に興味深い。
    まずは認識を改め、その上できちんとした因果と、ではどうすれば成功させる(例えばM&Aを)ことができるかなどは振れられていないので、個別に勉強していくべき。

特集