アン・ケースの一覧

「アン・ケース」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/01/18更新

ユーザーレビュー

  • 絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの
    世界的に見ても死亡率が低下する中で、中年白人の死亡率が上がっている。
    医療やその他の生活環境が改善されているはずなのに、何が起きているのか。
    トランプ支持の基盤理解もできる。

    アメリカの低学歴労働者を取り巻く問題の原因を検証しながら絞り込んでいく過程もとてもよい。
    日本でも同じことにならないように...続きを読む
  • 絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの
    自分の浅はかな理解では、米国では、労働者階級の白人中高年の死亡率が高くなっている統計データを元に、白人の下流階級がいかに悲惨で、彼らが収入だけでなく自己評価も苛まれている状況を映し出す。
    彼らは自殺率が高いだけでなく、薬物依存、アルコール中毒のような緩慢な死亡も多い。
    つまり、自殺に至るまでの絶望感...続きを読む
  • 絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの
    高卒と学卒の間で格差が広がっている。
    高卒は(特に白人)、学卒にくらべアルコール依存、薬物依存、自殺する割合が多い。この3つを絶望死という。
    対策として、オピオイド、医療、コーポレートガバナンス、税と給付策反トラスト、賃金政策、レントシーキング、教育がある。
    オピオイド、過剰処方へは、代替医療を検討...続きを読む
  • 絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの
    今世の中で数々の議論がある中の、その基本となるようなデータについて。
    「貧乏人の経済学」なども一緒に。
  • 絶望死のアメリカ――資本主義がめざすべきもの
    本書で書かれている事柄には、アメリカ特有だと感じさせることも多いが、資本主義の構造的な変化は日米に共通するものだ。
    絶望死へ向かう人々が生み出したのがトランプだとすれば、彼は異端ではなく極めて正統な大統領だったのかも知れない。
    金が上へ上へと流れていく、それは資本主義として当然のことなのかも知れない...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!