タラウェストーバーの一覧

「タラウェストーバー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/11/17更新

ユーザーレビュー

  • エデュケーション 大学は私の人生を変えた
    家族という閉じた世界、学ぶことへの渇望、環境を勝ち取る努力、学び始めてからの飛躍と世界の広がり、家族への第三者的視点の獲得、などなど…著者にしか語れない強烈な家族論であり教育論。
  • エデュケーション 大学は私の人生を変えた
     モルモン教に限らず、この種の原理主義的な流れはアメリカが昔から抱えてきたガンのようなものとはいえ、本書のようにその赤裸々な姿を目の前に突きつけられると、あまりの無残さに目をそむけたくなる。
     とはいえ、アメリカはロケット・サイアンスに見られるような先進性と、この種の狂信的な後進性がお互いに掣肘しあ...続きを読む
  • エデュケーション 大学は私の人生を変えた
    絶望しかないように見える家に著者は何度も帰る。せっかく出たのに、逃げて断絶すればいいのに、もう自由になっていいのに、とそのたびに思った。
    けどそうしない、できない。こんなに聡明な人でさえ。
    それほどこの家の呪縛は強烈で、凄まじかった。もう想像を絶する。言葉にならないし、外野から軽々しく言えることなん...続きを読む
  • エデュケーション 大学は私の人生を変えた
    サバイバリストの両親に育てられた著者は一切の公教育を受けられず、家庭内では兄から暴力を受けながらも自学自習で大学に入り家庭から飛び出して人生を歩んでいく自叙伝。
  • エデュケーション 大学は私の人生を変えた
    日本語タイトルは引っかかるのが,読みやすい翻訳です.児童虐待をふくむ
    家庭内暴力のと,モルモン教が横軸で,両親と兄弟関係が縦軸の自伝です.今のアメリカの知的エリートと保守的キリスト教の労動者の分断の状況について理解する一助となった.今でもベストセラーとなっているが,どういう人たちが読んで,どう感じて...続きを読む