門林奨の一覧

「門林奨」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/02/26更新

ユーザーレビュー

  • インテグラル心理学
    700ページを超える大著。

    「無境界」と「インテグラル理論」というウィルバー自身における入門書は読んだけど、本格的な著作はこれがはじめてかな?

    これは、入門書というより、教科書みたいな位置付けなのかな?インテグラル理論の4象限、レベル、ラインを始め、キーワードが丁寧に説明される。

    といっても、...続きを読む
  • インテグラル理論 多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル
    人間成長について書かれた本。様々な発達段階理論を統合的にまとめる試みをしており、キーガンの理論・本などと比べると理解が難しい。
    一方で、インテグラル理論の考え方自体には共感する部分も多く、最近自分自身でも感じていた「分化から統合」の考えとも似たものだったので、スッと頭に入ってきた。

    内面(美)を成...続きを読む
  • インテグラル理論を体感する 統合的成長のためのマインドフルネス論
    人間の発達段階全部12段階ある
    第一層(隠れた地図を探求する):無色→マジェンダ→レッド→アンバー→オレンジ→グリーン→
    第二層(統合的段階):テイール→ターコイズ→
    第三層(超統合段階)インディゴ→ヴァイオレット→ウルトラヴァイオレット→ホワイト
    その中でも3つのステージに分かれている。
    本書はこ...続きを読む
  • インテグラル理論 多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル
    "A Theory of Everything"の新訳。

    大昔に大学に入って最初に興味をもったのが人類学。そこでは「文化相対主義」というのを習った。そして、レヴィ・ストロースの構造人類学を学び、クリフォード・ギアツの解釈人類学を学んだ。人類学のなかでは、この2人のスタンスは大きく違うものとされたが...続きを読む
  • インテグラル理論 多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル
    「ティール組織」のベースにもなった理論モデルであり、社会のあらゆる事象を理解・整理するための枠組み(またはメタ理論)である「インテグラル理論」の概要を解説した入門書。

    インテグラル理論は、縦軸に「個人」と「集団」、横軸に「内面」と「外面」を配した四象限で構成されており、例えば「個人の内面」は自己の...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!