リチャード・ホロウェイの一覧

「リチャード・ホロウェイ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 若い読者のための宗教史
    終章に取り上げられていた世俗的ヒューマニズム。特定の信仰は持たなくても、宗教の思想から精神性を享受できる考え方。人生の節目にあたる儀式は、過去には宗教が独占していたけれど、今では当人に個人的な意義を与えることができるものになってることが一つの例。
    日々の生活に超自然は受け入れられなくても、願うことだ...続きを読む
  • 若い読者のための宗教史
    これまでのシリーズと違って、単線的な記述では無い。「ジグザク」進む。

    宗教の定義が一神教的な神を前提にしているのが気になるが、欧米の出版だから、ある程度の偏りは飲み込むか。

    そのような制約はあるものの、宗教の話題を幅広く扱っており、読後は圧巻だ。過去と現在をめぐる記述に嫌気も可能性も感じる。

    ...続きを読む
  • 若い読者のための宗教史
    高品質なリトルヒストリーシリーズの最新刊は、こと日本においては意識されない(意識することがタブー視されているきらいもある)宗教について。

    いわゆる四大宗教にとどまらず、歴史のうねりの中で生まれ、形を変えてきた様々な宗教たち。
    また、一つの大きな宗教からの分裂(カトリック/プロテスタントが最たる例)...続きを読む
  • 若い読者のための宗教史
    数多の宗教のオードブル解説本。自分の気に入ったものを信仰しよう。
    本書では統一教会やモルモン教など、新興宗教についてもしっかり解説されている。新興宗教については胡散臭いイメージが先行し、敬遠していたが、本書を読んだおかげで明確に拒絶することができるようになった。
  • 若い読者のための宗教史
    面白かったです。いくつかカテゴライズしたそれぞれの宗教の中での歴史を解説しながらも、宗教史として大きな時代の流れを作りながら語られる構成で、1章1章はそこまで長くないので、サクサク読み進めることができます。
    とても良いと感じたのは、どの宗教についても批判的な(クリティカルな)目線で評価していることで...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!