大野哲弥の一覧

「大野哲弥」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 通信の世紀―情報技術と国家戦略の一五〇年史―(新潮選書)
    「国際」という言葉は文字通り「国」の「際」で「国境線」をイメージさせますが、その線を垂直に横切る線が海底ケーブルで、その存在が「国際」という概念を作っているのだと知りました。5Gの時代の訪れに通信の未来を感じたりしますが、国際通信そのものは明治4年にデンマーク国籍のグレートノーザン電信会社の海底ケー...続きを読む
  • 通信の世紀―情報技術と国家戦略の一五〇年史―(新潮選書)
    通信インフラという着眼点がユニーク。最初の電信を巡るエピソードは興味深かったし、太平洋戦争開戦時の「宣戦布告の遅れ」についての分析は秀逸。
  • 通信の世紀―情報技術と国家戦略の一五〇年史―(新潮選書)
    国際通信の歴史が俯瞰できておもしろかった。技術が世界を変えたってのが良くわかる。海底電信ケーブル→短波無線→海底同軸ケーブル→衛星通信→光ファイバーと進歩してきたのを、「有線と無線がまるで源平の盛衰のように交互に主役を務めてきた」ってまとめてたのうまい。それにしても明治4年の岩倉使節団の時にはすでに...続きを読む
  • 通信の世紀―情報技術と国家戦略の一五〇年史―(新潮選書)
    約150年に渡る「通信」の歴史を詳細に記している。膨大な資料から綿密な内容となっており、とても論理的でわかりやすい。
  • 通信の世紀―情報技術と国家戦略の一五〇年史―(新潮選書)
    第四章 そして対米通告は遅れた を書きたくてこの本を書いたのだろうという印象。時系列的に多くの資料、裁判記録、手記から当時の状況を追う作業は敬服に値する。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!