勝間田敬弘の一覧

「勝間田敬弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/16更新

ユーザーレビュー

  • 意識と感覚のない世界――実のところ、麻酔科医は何をしているのか
    【麻酔薬を投与するとき、私はいつも患者に「一〇〇からカウントダウンしてください」と言う。私の経験では、九〇より先まで数える患者は一人もいない】(文中より引用)

    もはや現代の医療に欠かすことのできなくなった麻酔。その発明に至るまでの歴史を振り返りつつ、麻酔科医がどのような問題意識を抱えながら職務に臨...続きを読む
  • 意識と感覚のない世界――実のところ、麻酔科医は何をしているのか
    下北沢B&Bにて購入。麻酔科医は何をしているのか?という副題はちょっとミスリーディングかもしれないと感じた。これは、プロフェッショナルがプロフェッショナルとして何を行動規範としているのか?ということに関しての文書であって、その題材が、たまたま麻酔科医であるということなのだと思った。このプロフェッショ...続きを読む
  • 意識と感覚のない世界――実のところ、麻酔科医は何をしているのか
    タイトルからして、麻酔中の意識がどのようになっているのか、とか何か盛り上がって脳科学的な話かと思っていたら、全然違いました。
    が、麻酔科医の独白で、医師としての喜びや葛藤が綴られていて、私は素直に感動してしまいました。
    脳外科マーシュの告白とよくにた雰囲気です。
  • 意識と感覚のない世界――実のところ、麻酔科医は何をしているのか
    麻酔科医は、黒子であるが、常にスタンバッテいないといけない。症状に合わせた施術を行わなければならなく、患者のことを主治医同様に知っていないといけない。麻酔の聴く仕組みは本当にはよくわかっていない。新しく麻酔科医に広まった薬はここ20年くらい出ていない。
  • 意識と感覚のない世界――実のところ、麻酔科医は何をしているのか
    本書第3章にて詳しく解説がされていますが,麻酔科医が行うべき仕事は,たんに意識を消失させることではありませんでした。実のところ,以下の五つのポイント(5つのA)に分類することができるというのです。

    ・抗不安(Anxiolysis)  
    ・記憶の消失(Amnesia) 
    ・無痛(Analgesia)...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!