ローレンス・フリードマンの一覧

「ローレンス・フリードマン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/04更新

ユーザーレビュー

  • 戦略の世界史(下) 戦争・政治・ビジネス
    本書は、「下からの戦略」として、ガンジーらの非暴力運動、キング牧師らの公民権運動、アメリカ大統領選挙戦などの戦略が論じられる、さらに自動車王フォードなどの経営者、ドラッカーなどの経営理論家の思想などの戦略理論が追究される。

    上巻に比べると、読み進めるのが大変だった。
    下巻はまったく戦争とは関係ない...続きを読む
  • 戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス
    本書は、あくまでも「世界史」の本であって、「戦略」の本ではない。

    第1章、第2章でチンパンジーの闘争から始まり、聖書のアダムとイブの楽園追放、古代ギリシャにおける戦争、ナポレオン戦争、第一次、第二次世界大戦、核戦争、ベトナム戦争を代表とする非正規戦争、アルカイダとの対テロ戦争までと戦争についての総...続きを読む
  • 戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス
    軍事戦略や経営戦略といった「戦略」を概略する本ではない。戦略史の発端から変遷までを綿密に追う大著である。まず冒頭のマイク・タイソン氏の引用が最高にかっこいい。

    我々が想像する戦略の基本である孫子やクラウゼヴィッツはもとより、旧約聖書やギリシャ神話に描かれる「戦略」の起源めいたものから、核戦争・社会...続きを読む
  • 戦略の世界史(下) 戦争・政治・ビジネス
    戦略を巡る壮大な歴史に圧倒される。結局、戦略とは何かという問いに対する答えがある訳ではないが、これまでの歴史を俯瞰することにより、自分なりの解が見つかった気がしたのが、この本を読んだ最大の便益だった。
  • 戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス
    上巻だけで477頁と読み応えあり。ギリシャ時代のトゥキュディデスに代表されるストラテゴスやクラウセヴィッツ、リデルハートと戦略の大家が百花繚乱であるが、戦略も時代を経て、大いに変わるものだと理解した。