ダウド・サットンの一覧

「ダウド・サットン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/03更新

ユーザーレビュー

  • アルケミスト双書 イスラム芸術の幾何学 天上の図形を描く
    “そのあまりの複雑さにめまいするイスラムの幾何学模様だが、著者はいくつかの幾何学的原則を知っていれば、だれもがやすやすと描けることを明らかにする” ─出版元

    エッシャーもアルハンブラでとりつかれたというアラベスクやいろいろな幾何学模様の仕組みや描き方を解説した、ちょっとマニアックな本。
    シンメトリ...続きを読む
  • アルケミスト双書 イスラム芸術の幾何学 天上の図形を描く
    イスラーム神聖幾何学の入り口に立つことができる一冊。

    ムスリムじゃないし、改宗しようなんて思わないけど、
    この幾何学世界は美しすぎる。
    ぞわっとする。

    イスラムのデザインの視覚構造には、キーとなるふたつの面がある。アラビア文字のカリグラフィー―世界の優れた書字伝統のひとつ―と、抽象的な装飾模様―...続きを読む
  • アルケミスト双書 イスラム芸術の幾何学 天上の図形を描く
    <無限に広がる、神の図形>

    イスラム美術は幾何学的である。
    一目でイスラム装飾とわかる特徴的なものだが、一方でそれはまた非常に多種の文様の組み合わせによる、無限といってもよいほどの多様性を持つ。
    一貫性を持つと同時に多彩。中心には「調和」があるという。
    装飾を追求していくと深い宗教性にも到達しそう...続きを読む
  • アルケミスト双書 イスラム芸術の幾何学 天上の図形を描く
    イスラムの寺院などにみられる美しいタイル模様が、コンパスと定規で誰にでも描けるという本。
    描き方に関するノウハウを紹介するとともに、モザイクに込められている思いも語られている。偶像崇拝を禁じているイスラム教では空間を埋め尽くすモザイクに神への思いを込めている。連続性のある柄が永遠を表現。複雑な柄を描...続きを読む
  • アルケミスト双書 イスラム芸術の幾何学 天上の図形を描く
    イスラム幾何学の奥の深さに吸い込まれます。過去の人々が時間を重ねてこうした物をうみだしてきたのかと思うと時間の積み重ねの重みを感じる事が出来ます。デザインやイラストに興味のある人が自身の幅を広げたり、何かインスパイアを求めたりと、一読してみるのは良いのかなと感じました。