「原雄一」おすすめ作品一覧

「原雄一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年
    このようなことがあっていいのかと思った。
    中村泰のことは、週刊新潮の記事を読んだ時から、へー、と思っていた。あれから15年も経っていたことを今回知り、そのことが個人的にショックだった。へー、と思っただけで、その後も結局どうなったのか、なんの関心もないまま今日まで来た。
    淡々と著者は書いておられるが、...続きを読む
  • 宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年
    大切なのは事実を突き止め、犯人を検挙することなのか、組織のメンツなのか。公安の中の誰が何にどうこだわってこういう結果になったのか。自分(たち)、組織がやったことに対して恥じる気持ちはないのか。

    結局、事件は時効を迎えてしまうのだけれど、そうじゃなかったとしたら「オウム真理教の誰かしらが犯人」という...続きを読む
  • 宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年
    結局、公安警察としては2018年7月に13人の死刑執行によってオウム真理教に対する国家意思を貫徹した。この事件が死刑の構成要件にならなかったとしても。であれば、わざわざ時効時点でオウム真理教の犯罪だと断定発表を行う事の意味が判らない。公安組織の保身故であろうか?

    中村泰が最初に警官射殺を行なった時...続きを読む
  • 宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年
    オウムによる数々の犯罪を許し、長官銃撃事件を闇に葬った挙句証拠のない団体に罪をなすりつけた公安。
    事件を未然に防ぐという本来の職分は果たさず、起こった事件すら解決しない。
    何だこの部署。
  • 宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年
    OBとはいえ元警察幹部がこのような著作を上梓して大丈夫なんでしょうか、と思うほど衝撃的内容。勿論プロ作家ではないのでノンフィクション作品としての出来はおいて、後世に残る記録作品だと思います。公安捜査ゆえに真犯人の特定とそれに対する刑罰はくだりませんでしたが、客観的事実を後世に残したという記録的価値は...続きを読む