レイ・フィスマンの一覧

「レイ・フィスマン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/10/17更新

ユーザーレビュー

  • 意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム
    不条理に見える組織というものの実態に不満を抱く従業員は少なくない。だらだら続く会議、現場をわかっていない管理職など。組織というもののシステムに幻滅し、背を向ける前にどうしてそうなっているかという考察はやってみる価値はある。その意味でテーマ&視点としてはとても面白い本と思う。

    リーダーの役割とは何...続きを読む
  • 意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム
     あのテロ組織のアルカイダにも「出張報告書」があると書かれており、思わず笑ってしまった。2008年に発見された部下に対するメモで、旅費をちょろまかしたり、旅愁書を提出しなかったことが書かれていたとある。著者も述べているが組織を維持するのはどこも大変だ。最もこの組織は地上から消えてくれることを願ってい...続きを読む
  • 意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム
    組織とは、外部環境/原料/資金などのインプットに対して生産物/利益を出すだけのブラックボックスではなく、事業に対しての(それなりに)合理的アプローチであることを説いた本。
    基本的にはミニマルな組織であれば、一人の監督者で事業のモニタリングをできるが、事業を大きくするにあたっては管理組織が必要となる。...続きを読む
  • 意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム
    若干文章が硬いが、
    インセンティブを適切に与えるのが難しいという内容が
    いろんな事例を元に書かれていて、面白かった。
    今の会社のシステムに不満がっても、
    これを読むと、少しは
    『しょうがない』と思えるかもしれない。
  • 意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム
    イノベーションばかりを推奨する社会に待ったをかける論説。

    全ての企業戦略は、その戦略が出来た時点での妥当な点であるということを説明していく。

    組織には常に利益とコストのトレードオフが存在しており、ある目的が完全に満たされている場合はどこかに致命的な問題が生じている可能性が高いという分析は的を得て...続きを読む

特集