加藤エルテス聡志の一覧

「加藤エルテス聡志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/02更新

ユーザーレビュー

  • データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編
    データ分析系のマネージャーがデータ分析とそれを普段の業務でどのように取り入れて仕事をしているかがわかる一冊。 データ分析は便利屋となりやすいのだが、どうしたらPMといい感じに仕事ができるか、どうしたらバリューを最大化できるかが載っている。 何度も読み返して普段の業務に取り入れたい一冊。
  • 機械脳の時代―――データサイエンスは戦略・組織・仕事をどう変えるのか?
    AIを技術面というよりも活用面でとらえているのでどうビジネスに当てはめるかという点でとても参考になりました。前半はいくつかの会社の実例を挙げたうえでこのような活用がされている点を踏まえ、後半は技術の概要から実際のビジネスにどうはめ込むが述べられています。
    技術面よりも運用面・経営面的な観点になってい...続きを読む
  • 機械脳の時代―――データサイエンスは戦略・組織・仕事をどう変えるのか?
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    機械学習に関する書籍や記事をいくつか読んだが、この本はかなり実践的な内容になっている。実際に事業に取り組む際に注意すべき部分がいくつも書かれている。
    また、実際にデータサイエンスや機械学習の実例が掲載されているので楽しく読むことができた。
  • 機械脳の時代―――データサイエンスは戦略・組織・仕事をどう変えるのか?
    いわゆる人工知能のビジネスでの活用について、極めて丁寧かつ実務上の示唆が非常に良くまとめられた解説書。この手の類書は様々あるが、個人的にはトップレベルに分かりやすく、かつ学びが多い。

    人工知能が得意な「可視化・分類・予測」という効用とそれぞれのビジネス上の事例の解説に始まる本書では、人工知能を本当...続きを読む
  • 機械脳の時代―――データサイエンスは戦略・組織・仕事をどう変えるのか?
    データサイエンスにつき極めてビジネス目線寄りのプロマネ目線で、技術的な説明のみならず、組織作りや人材育成にまで踏み込んで記述している点がユニーク。特に良かったのがデータサイエンスのプロジェクトを失敗させないための見える化・共有の方法を詳述していた点。ビジネスマンのデータサイエンス入門書として最適だと...続きを読む