「吉田基已」おすすめ作品一覧

「吉田基已」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:吉田基已(ヨシダモトイ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1976年
  • 職業:マンガ家

1999年『水と銀』でデビュー。同作は前年第4回MANGA OPENわたせせいぞう賞を受賞。『恋風』がTVアニメ化された。その他『水の色 銀の月』、『夏の前日』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • 官能先生 1巻

    面白かった!

    レトロな雰囲気がとても好き。主人公は少し冴えない感じですけれどだからこそ良い。女性も魅力的に書かれています。じっくりと何度でも読みたいと思います。

    少し性表現があるので苦手な方はご注意(まぁタイトルでわかるはずですけど)
  • 夏の前日 5巻

    うわぁ‥

    大人なのに唇が震えるほど泣いてしまった。
    晶さんの気持ちがツライ。

    2人の関係が始まった時から「結婚」は想像できなかったけども、こんな激しく静かな終わり方の方がグッとくる。
  • 蟲師 外譚集 1巻
    本家「蟲師」をモチーフに、5人の漫画家さんが短編書いてくれました。

    どの話も、蟲と蟲師は脇役。人の営みの中で、不意に此岸と彼岸を行き来してしまった、まれな出来事として話は進んでいます。
    本家でも同じですね。ギンコが存在しているので、彼が主導してるように感じますが。外譚でそこにきづいたりして。

    ...続きを読む
  • 蟲師 外譚集 1巻
    あの蟲師の他の作家達が書いた短編集。
    全部で5作品が収録されていて、内4作品は舞台が現代であった。いつもと違う舞台設定で、現代ではこんなとこで蟲とかかわることがあるんだなと新たに想像の幅が広がっていきます。
  • 夏の前日 5巻
    いろいろ噛み締めて、振り切ったラスト。嫌いじゃないです。
    人の心って面白い。じわじわと積み上げてきた衝動が堰をきったときが見もの。
    夏の前日、ってタイトルに相応しく、ひまわり、青空、日傘、海、たくさんの情景が焼きつくお話でした。
    この後を…と思うと、前作になるみたいだけど、絵がまるっこすぎて、キャラ...続きを読む

特集