「つの丸」おすすめ作品一覧

「つの丸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:つの丸(ツノマル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年05月27日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

千葉市立稲毛高等学校卒。1991年『さる大使』、『GOGOポチョムキン』の2作でデビュー。『みどりのマキバオー』、『モンモンモン』、『サバイビー』などの作品を手がける。『みどりのマキバオー』は第42回小学館漫画賞児童部門受賞作で、テレビアニメ化されている。

作品一覧

2017/03/17更新

ユーザーレビュー

  • ごっちゃんです!! 5
    個人的につの丸最高傑作

    毎週毎週ジャンプで腹を抱えて笑って今でも思い出す

    基本ギャグ漫画なのだが、少年漫画の3大要素もしっかり抑えてあったりでほんとに面白い漫画

    なんで売れなかったんだろ?
  • たいようのマキバオーW 8
    ミドリとのゴールデンコンビだった、勘助がヒノデに乗ることに!
    前作ファンとしてはどきどきする展開ですが、ハヤトとのコンビも好きなので複雑な気持ちに…。
    漫画の展開でも、文太もハヤトも激しく葛藤します。
    ハヤトの気持ちも文太の気持ちにも共感して読んでました。
    きちんと乗り越えさせるので、二人の成長を感...続きを読む
  • たいようのマキバオーW 3
    電車の中で嬉々として読みました。
    読み終わった後あまりのショックで放心状態でした・・・(´;ω;`)

    そのあと、馬のことをいろいろ調べて、サラブレッドたちの脚は、命そのものと知って、競馬に対する目が変わってしまった。

    つの丸の描写力のすごさを目の当たりにしたようです。
    あの亀裂の場面からの息の張...続きを読む
  • たいようのマキバオーW 3
    三冠馬フィールオーライがレース中にまさかの故障発生。

    どんな名馬でもレースに出走する以上は骨折するリスクを背負っているし、骨折の程度次第では予後不良の処置が取られる可能性だってある。

    種牡馬として安定の未来が約束されていたフィールオーライが、現役の競走馬に拘り目指そうとしたゴールの先にあったもの...続きを読む
  • サバイビー 1
    つの丸先生の生き物漫画の傑作。この人は最終回で本当に気持ちよくさせてくれる。生き物、しかも昆虫という独特の世界を見事に描き抜いており、読めば心が震えます。

特集