細野豪志の一覧

「細野豪志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/18更新

ユーザーレビュー

  • 東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10
    10年という節目。過去に戻ることはできないが未来のために残さなければならない記録。貴重な資料。
    特に遠藤川内村長の姿勢が胸を打つ。

    ・危機管理はトップのリーダーシップによる。政・学、様々な分野のリーダーが必要。

    ・100mSv以下の被爆で健康影響は出ない

    ・除去土壌8000Bq基準の厳格適用と...続きを読む
  • 東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10
    3.11原発事故発生当時、原発事故収束担当大臣そして環境大臣だった、細野豪志議員と当時、色々な面で福島と向き合った責任者の方々との対談形式の事故の振り返りがなされています。
    震災当時、どのような事柄があってどのように対応して現在に至るのかを知ることができたのも大きいですが、福島の現状と未来の為にすべ...続きを読む
  • 未来への責任
    [心意気の主張]原発事故担当大臣や政調会長などの要職を務めた筆者が、自らの政治家としてのルーツについて語りながら、民主党の今後の方向性について提起した一冊。総選挙での党の敗北から間もない頃に書かれていることもあってか、「まだまだやれるぞ」という意気込みが前面に出ている印象を受けました。著者は、自らを...続きを読む
  • 証言 細野豪志 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る
    彼を知る者として、あの時何を考えてどのように行動したのか非常に興味深かった。
    政治家としての覚悟•責任という発言が随所に出てくるが、プロ意識の高さに感銘を受けた。
    自分が困難に立ち向かう時にこれだけの覚悟を持って臨めるのか… 深く考えさせられ、見習わなければいけないと強く感じさせられた。
    また彼のイ...続きを読む
  • 東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10
    事故当時その中枢にいた細野氏が、事故から10年たった今、改めてその現場の中心にいた人たちに問うと同時に、痛烈な問題意識のもと自己検証した一冊。
    この本の素晴らしいところは、細野氏が極めて客観的に、当時の行いと本質を語っているところだ。
    私たちはあの時何があって、何が行われ、何が行われなかったのかを知...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!